学校の沿革

1978
大阪薬学専門学院を設立し、薬の街・大阪で薬業人養成の学校としてスタート。
1979
大阪府知事の認可を受けて財団法人大阪医療技術学園を設立し、医療人の育成も開始。
1980
全国に先駆け、医療秘書科を設置。専門学校医療秘書教育の雄となる。
1981
大阪薬学専門学院と大阪医療技術学園臨床検査技師科ならびに医療秘書科を統合し、学校教育法に基づく専修学校として、大阪医療技術学園専門学校を設立。
1986
生命工学技術科を設置し、医療・薬業の分野にプラスして、科学技術の分野の専門教育にも着手する。
1987
大阪医療技術学園専門学校より生命工学技術科を分離し、学校法人大阪滋慶学園 大阪ハイテクノロジー専門学校を設立。
1993
医療と福祉の橋渡し役を担う人材育成の目的で、医療福祉科を設置。
1994
付加価値の高い人材養成、ならびに生涯教育の一環として専攻科及び医療専攻科を設置。
1997
大阪医療技術学園専門学校より医療福祉科を分離し、学校法人大阪滋慶学園 大阪保健福祉専門学校を設立。
1998
医療・保健・福祉の連携ができる人材養成の必要性により、「教育・社会福祉専門課程」児童福祉科、医療福祉心理科を設置。
2001
健康で明るく美しくなることの指導者の養成を目的として、健康美容福祉科を設置
2002
化粧品の成分や効果を理解し、美容と健康に貢献する人材養成を目的として、薬業科にビューティーアドバイザーコースを設置。
2003
東洋医学を学び、医療・福祉・健康・美容・スポーツ分野で活躍する人材養成を目的として鍼灸師学科を設置。
医療分野での心理的相談援助に重点を置くため、医療福祉心理科を医療心理科に名称変更。
2006
言語や聴覚に障がいのある人々の言葉のリハビリテーションを行う人材養成を目的として言語聴覚士学科を設置。
鍼灸師の育成・指導を担当できる教員を養成とする、東洋医療技術教員養成学科を設置。
2008
東洋医学と健康・美容分野を融合した鍼灸師としての高度医療人育成を目的として、鍼灸健康美容学科を設置。
医療業界のIT化に対応できる人材育成のため、医療秘書科を医療秘書・情報学科に名称を変更。
薬事法改正による登録販売者認定資格取得を目指すため、薬種商科を薬業科(夜間1年制)に名称を変更。
2009
設置母体を「学校法人大阪滋慶学園」に移管。
2011
学校法人大阪滋慶学園にて、日本初の医療安全管理学修士過程を設置した滋慶医療科学大学院大学を開校。
2013
学校法人大阪滋慶学園にて、島根県出雲市に公私連携による出雲医療看護専門学校を設立。
2015
学校法人大阪滋慶学園にて、鳥取県鳥取市に公私連携による鳥取市医療看護専門学校を設立。

資料請求

Page Top