ブログ

<業界ニュース>乳がん検診 超音波で発見率1.5倍に!

臨床検査技師科

2015.11.5

みなさん、こんにちは

今日は「乳がん検診」について、

yahooニュースで取り上げられていたので、ご紹介します

乳がんについては、早期発見が何よりも大切

発見が遅れると、リンパ腺や全身に転移して、

命を奪う可能性もある、非常にリスクの大きい病気です。

その、乳がんの発見方法として、マンモグラフィーが有効とされていますが、

マンモグラフィーのみの場合、がん発見率が0.33%だったのに対して、

超音波検査(エコー)も併用すると、

がん発見率が0.5%と、1.5倍になったという調査報告が出ました。

018

この、超音波検査(エコー)は、

乳がんのみならず、お腹や心臓、血管など、さまざまな部分を、

映像で見ることができるため、さまざまな病気発見に役立っています。

 レントゲンのように、放射線を取り扱わないため、

妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんの成長具合を見るときにも、使われています。

12wpicture obs_20130613-480x360

この、『超音波検査(エコー)』を行っているのは、実は臨床検査技師なのです。

「患者さんの命を救う」その最前線で、日々活躍しています。

臨床検査技師に興味を持った方は、ぜひコチラを覗いてみてくださいね

 

 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

詳しく見る

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.