ブログ

「失語症」の方とコミュニケーションをとるうえでのポイント

言語聴覚士学科

2019.7.4

言語によるコミュニケーションには

言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係しています。

その問題の一つに「失語症」があります。



「失語症」とは、脳の障がいにより

「話す」「聴く」「読む」「書く」などの

言葉の機能がうまく使えなくなる障がいです

障がいの出方や程度は

脳の傷ついた場所や大きさによって大きく異なります。




「失語症」の方とコミュニケーションを
        とるうえでのポイント」

を今日はご紹介します(∩ˊ꒳​ˋ∩)・*

まずは、相手と同じ視線で

ゆっくりとわかりやすい言葉で話しかけましょう。

言葉で伝わりにくい際は、別の言い方でくり返し話してみましょう。

イメージがなかなか伝わらないときは、実物を指で指して具体的に伝えましょう。

相手が言いたいことを伝えようとしているときはゆったりと待ち

決して先回りして話さないことも大切です

なかなか言葉が出にくいときこちらの質問を「はい」か「いいえ」で答えられるよう工夫します

写真・カレンダー・時計・ジェスチャーなどの

視覚情報を交えて会話するのもよい方法です(◍•ᗜ•́)✧

間違いを指摘したり子供扱いをしたりせず

「失語症」を正しく理解して温かく接することがとても大切です。



もっと詳しく勉強したい方は

ぜひ一度見学にいらしてくださいね٩(*´∀`*)۶



※高校卒業(見込)以上で通える言語聴覚士学科昼間部3年制



※大学卒業(見込)以上で通える言語聴覚士学科昼夜間部2年制



 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.