ブログ

3年生☆救命救急処置を学ぶ!!

臨床検査技師科

2019.2.5

みなさん こんにちは(*゚▽゚)ノ

今回は、臨床検査技師科3年生が「医療安全管理学」を学びました
ので紹介します。☆^∇゜)

医療の現場では、どのような場面で医療事故が起こるのか、
異常な検査データが出たら、どのように考え、
どのような対処を取れば良いのかなど、
医療人としての大切な心構えを学びました

講義をご担当いただいたのは、枚方公済病院の薮先生です(^ー^* )
DSC_3323(薮先生)

その講習の中では、救命救急処置の実習も行いました。
倒れている人を発見し救急車を要請しても、電話してから現場に到着するまで
全国平均で約8~9分ほどかかると言われています。w(゚o゚)w
心臓停止後、何もしないでいると1分ごとに死亡率が10%ずつ増えます。 
救急車が到着するまでの間に皆さんが出来ること、それが救命救急処置です


実習ではまずビデオを鑑賞し、救命処置の重要性と方法を学びました。
その後、簡易型心肺蘇生トレーニングキットを使用し、
AEDのパッド装着位置を確認!!(*^-^)
DSC_3314(AED)


次に、実際に胸骨圧迫の練習をしました。
1分間に100回の圧迫処置はかなり疲れました。( ̄Д ̄;;
DSC_3310(圧迫)


方法はそんなに難しくはありませんが、本当に倒れている人を
見つけた時に、落ち着いて処置が実践できるように、
日頃から意識しておきたいと思いました。d(*⌒▽⌒*)b


講義の後半では、異常な検査データを示した患者さんを想定し、
対処についてグループ討議し、発表しました。☆^∇゜)
DSC_3316(ワーク)

今回のような具体的な実習やワークを行う事で、医療人としての緊張感を感じた1日でした




 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

詳しく見る

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.