ブログ

病気になった臓器の細胞を観察<●><●>

臨床検査技師科

2019.6.28

2年生の病理検査学の実習の様子を紹介します(゚∇^*)

この実習では、病気になった臓器の細胞を顕微鏡で見て調べます。


病気の組織をミクロンレベルの薄さに切り、スライドガラスに貼り付け

いろんな染色液で染めて顕微鏡で観察します(o._.)o。。。

薄く切る装置はこんな機械(ミクロトームといいます)




染色液はこんなガラス瓶の中に入っていて、

この中に組織を貼り付けたガラススライドを浸けて染色します=*^-^*=




染色されたものはこんな感じ




染色したら顕微鏡で観察します(^・ェ・)フムフム。。




一人で見てよくわからないときは先生が詳しく指導してくれます




ベテランの先生の指導で標本の見方、顕微鏡の使い方もバッチリ

たくさんの標本を観察することで目が肥えていき

信頼できる検査結果を報告することができます。

こういう実習の積み重ねで将来の検査技師としての

基礎が培われていくんですねd(*⌒▽⌒*)b

□■学科紹介ページ□■
臨床検査技師科



 
 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

詳しく見る

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.