ブログ

布マスク、はじめました

医療秘書・情報学科/薬業科/医療心理科/言語聴覚士学科/鍼灸美容学科/臨床検査技師科/鍼灸師学科/専攻科/東洋医療技術教員養成学科

2020.4.20

こんにちは。教員のNです。


現在、マスクが不足しているという事は皆さんも痛感されていると思います。

ドラッグストアに行っても全く売っていませんし、病院・介護施設でも足りないと言う報道も耳にします。

私も実は、紙のマスクの在庫が底をつき、途方にくれた時期がありました。

そんな私を救ってくれたのが、布マスクです。

国から布マスクが2枚配布されるという報道で、色々言っている人もいます。

ただ、私はマスクがないと出勤できないと、途方に暮れていた時に助けてくれたのは、この布マスクです。

 

賛否はありますが、無い袖は振れませんので私は愛用しています。

今日は、私の愛用コレクションを皆さんに紹介します。
途方に暮れていた時に見つけた、第一号の布マスク

「これで、明日も学校にいける」と私を窮地から救ってくれた想いで深いマスクです

カップケーキ柄のマスク

布マスクは洗濯が必要なので2枚必要と知り、慌てて購入したマスクです




③黒マスク

見た目も若く、お気に入りです。少しサイズが小さいので苦しさがあるのが問題点です




④ど派手マスク

先輩からはアルペンでしか見たことがないと笑ってもらえました。




⑤義肢装具士の方が作ってくれたマスク

サイズもフィット感もあり、今お気に入りでつけています。




こうやって見ると布マスクも個性があって良いでしょ。

③④⑤は布じゃないですが、私が今、主力で着けているマスクです。

一長一短はありますが、私は紙マスクが普通に流通されるまでは、

このマスクを着け続けるつもりです。

また、コレクションを増やしていきたいとも考えています。


こぼれ話

実は④のド派手マスクは今年の新入職の職員のおばあちゃんの手作りなのです。

孫の為に一生懸命作って頂いた品ですが、困っている私に一つ分けて貰った品です。

Sさん有難う。Sさんのおばあちゃん有難うございました。大切に使います。
 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.