ブログ

大阪大学医学部附属病院の臨床検査技師から学ぶ「尿沈渣」

臨床検査技師科

2019.10.19

大阪大学医学部附属病院 臨床検査部で

臨床検査技師としてご活躍されている

堀田先生をお招きし、尿沈渣実習の授業を行いました


尿沈渣とは・・・

尿中に出現する細胞などの成分から病態を推測する検査です。



堀田先生からは

尿沈渣の標本の作り方や観察の仕方などについて

説明がありました・:*。・:*三( o•ᴗ•)o









学生たちは自分の採尿した尿から

細胞成分を集めて顕微鏡で観察しました( ﹡・ᴗ・ )b









初めて見る自分の細胞に驚きながらも

それぞれの成分の特徴を熱心に観察し、スケッチしていました

尿沈渣おける臨床検査技師の大切な役割について理解でき

将来は正しく判別できる臨床検査技師になるため

ますます勉強に励もうと意気込んでいました୧(๑•̀ㅁ•́๑)૭✧
堀田先生、お忙しいところ、現場に即した充実した授業をありがとうございました!

□■学科紹介ページ□■

臨床検査技師科
 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.