ブログ

健康クイズ第2弾!? 肩こりを治す食べ物と痛みをとる方法って何?

鍼灸師学科

2015.6.15

先日、出題した健康クイズが難しすぎたかなぁと

反省している私【健仁】です。。

反省のつぶやきはこちら。

前回出題した「健康クイズ!? 腰痛を治す食べ物と痛みをとる方法って何?はこちら。

その反省も踏まえて、

健康クイズ第2弾を出題します

 Q:肩こりを治す食べ物は、このうちどれでしょうか?

 

A:梅干し

梅干

B:一夜干し

okaz_11_81

 

C:外反母趾

auto_l0YvPt
 

 

正解は・・・

A:梅干しです

肩凝りの原因として、

1.デスクワークなど長時間同じ姿勢でいる

2.かばんをいつも同じ方の肩にかける

3.長時間冷房のきいた部屋にいて体が冷えている

4.ストレスがたまっている

5.眼精疲労

などいろいろな理由がありますが、

実は食べ物も肩凝りに関係しているといわれています。

ということで、普段食べているものを一度見直してみませんか

肩凝りの元になる筋肉のケアを食べ物、そして食べ方で改善してみましょう

 

ウメボシに含まれるクエン酸には、

乳酸を代謝する働きがあります。

体に乳酸が溜まると、筋肉が疲労して肩こりの原因となります。

その為、クエン酸を積極的に摂取して乳酸を溜めない事が肩こり解消につながるのです。

 クエン酸を含む食べ物としては、

レモン・グレープフルーツなどのかんきつ類や、

パイナップル・イチゴ・メロンなどの果物や酢に多く含まれています

 

また、タンパク質にも肩こりの改善に効果があると言われています。

タンパク質は筋肉の元となる栄養です。

筋肉が衰えると、肩こりになりやすい体になります。

ですので、筋肉の元となるたんぱく質を摂取する事で、肩こり改善につながるのです。

タンパク質は、肉類や魚などにたくさん含まれています。

また大豆にもタンパク質が豊富に含まれています

 

また、ビタミンB1にも肩こりの改善に効果があると言われています。

ビタミンB1には、肩こりの症状を軽くする働きがあります。

ビタミンB1が多い食材は、豚肉、ゴマ、大豆、玄米などがあります

 

 マグネシウムには、筋肉の緊張を緩和させる作用があります。

筋肉が緊張すると、肩こりの原因となります。

その為、マグネシウムを摂取して筋肉の緊張を和らげることが、肩こりの改善につながるのです。

マグネシウムが多く含まれている食品には、貝類、納豆、サクラエビなどがあります

 

このように食べ物をとることで、肩こりを予防したり改善することができます

ただ、頑固な肩こりに悩まされたり食べ物をとっても肩こりから改善されない場合は、

鍼灸の治療がオススメです

鍼灸の治療は、肩こりが起きている部分に直接アプローチするので即効性がある治療になります

 th

鍼灸の治療により、

腰痛や肩こりが改善したという意見はたくさん聞きます

 鍼灸師は、腰痛や肩こりをはじめさまざまな体の不調を癒すことができます

 

 

「鍼灸とは!?」何かが分かるオープンキャンパスの詳細&お申込みは >> こちら <<

参加者にはもれなく、大阪医療特製のおかきのプレゼントがあります

IMG_0255

鍼灸師学科に興味のある方は      >> こちら << 

 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

詳しく見る

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.