ブログ

【トリビア】新型コロナウイルスは○○に覆われている!

薬業科

2020.3.26

世間を騒がせている新型コロナウイルスですが、

みなさん、このウイルスのことをどこまでご存じでしょうか?





コロナウイルスはエンベロープウイルスというグループに属しています

エンベロープとは簡単に言うと脂肪の膜です。

ウイルスの表面を脂肪の膜が覆っているとイメージしてもらえれば良いかと思います

ちなみにこのグループには、新型コロナウイルスの他にも

インフルエンザウイルス、ヘルペスウイルス

風疹ウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルス等があります。

そして、感染防止に有効な手段としては手洗い消毒が挙げられていますね( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾




脂肪はアルコールに溶けるという特徴があるため、

消毒用アルコール(エタノール76.9~81.4パーセント)が手指消毒に使われます。



ちなみに・・・

ドラッグストアでは消毒用アルコール消毒用エタノールIPという

2種類が販売されており、価格が大きく異なっています=͟͟͞͞( •̀д•́)))

これは酒税法の規定が影響を与えているためです


いずれもアルコール(=酒)は使用されていますが、

消毒用エタノールIPには、飲料に適さないイソプロピルアルコールが

3.7%加えられていて、飲酒できず、酒税がかからないため、

消毒用エタノールIPのほうが価格が抑えられるというわけです。

いずれの製品もエンベロープ(脂肪の膜)を溶かしますので、

コロナウイルス対策としてはいずれを使用しても問題はありません(๑́•∀•๑̀)ฅ


いずれもあまりに頻繁にアルコール消毒を行うと手指の皮脂まで溶かされて

乾燥肌となり、かさつきや手荒れを起こしてしまいます

そんな時はハンドクリームなどを使ってくださいね



また、石鹸には界面活性作用(水と油を混ぜる作用)があるため

手指の石鹸による洗浄も非常に有効といえます(๑•̀⌄ー́๑)b


0.1%の次亜塩素酸ナトリウムも、新型コロナウイルスに有効ですが

次亜塩素ナトリウムは人体に使うのではなく、物の表面の消毒に使います。

ストラップで首から吊るすタイプの対策グッズも広く使われていますが、

これは次亜塩素酸ナトリウムの効果を期待しているものなんです(*•ᗜ•ฅ*)



薬局で入手できる、さりげなく日常で使用しているもの・見かけるもの・「何となく知っている」もの

薬業科では、これらを専門的に勉強していくので、今回のウイルス対策にも

少し踏み込んだ視点から分析、対処方法を考えられますね




オープンキャンパスの詳細&申込みは >>こちら<<
 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.