ブログ

 国宝『医心方』記憶遺産へ!

東洋医療技術教員養成学科

2017.5.9

日本で現存する最古の医学文献があります。

それが『医心方』

今から1085年前の平安時代に作成された医学書です。

現在は東京国立博物館が所蔵していますが、そんな昔の医学書が現存するなんてロマンです

 

01.『医心方』

 

『医心方』を編集したのが 鍼博士の丹波康頼、その数 なんと「「全30巻」」

その後、時の円融上皇に献上されました。

 

丹波康頼は丹波國(現在の京都府亀岡市)の出身で、

亀岡市の北西にある神尾山金輪寺には、丹波康頼の供養塔があります。

02.鍼博士丹波康頼 04.丹波康頼供養塔〔金輪寺〕

 

関西には日本医療文化の名所が数多く存在し、

日本の東洋医学の始まりを知り、古き良き時代を改めて感じました

東洋医療技術教員養成学科は、この『医心方』を記憶遺産として

継承することを願っています

そして「国宝・医心方を「世界の記憶」に推進する会」を応援します

趣意書:国宝『医心方』をユネスコの「世界の記憶」に

 

東洋医療技術教員養成学科の学科情報はこちら

 

 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

詳しく見る

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.