ブログ

0.003mmにスライス!?

臨床検査技師科

2017.5.13

みなさん、こんにちは(。◕ ∀ ◕。)

新学期が始まり、1ヶ月が過ぎましたね

1年生は、新しい環境にも慣れ、勉強にも気合いが入ってます( •̀ .̫ •́ )✧

 

今日は2年生の病理検査学の実習風景を紹介しますね

がんの診断でよく行われる、とても大切な検査で、

患者さんから採取した臓器・組織・細胞などを顕微鏡で観察し、病気の種類を診断します

 

今日 学んでいるのは『薄切(はくせつ)』

臓器の細胞を顕微鏡で観察するために、臓器を薄くスライスする作業のことです。

薄切装置の真ん中に、対象物をセットします

DSC_0643

 

この装置を使うと、対象物を3~4μm(※μmマイクロメートル)の

薄さに切ることが出来ます

3~4μmということは、な・な・な・なんと 

「「 0.003~0.004mmの薄さ」」 ヒエー

男

 

しかし、薄く切れるようになるには、かなりの練習が必要となります

「先生 教えてくださ~い!!」と学生も奮闘中

山根先生と

薄く切れた臓器をスライド硝子の上に載せたら完成です。

次回はこれらを観察しやすいように染色する作業を学びます!

 

臨床検査技師は、さまざまな検査を行うので、病院では必要な存在

毎週土曜日にオープンキャンパスに参加された方は、

臨床検査技師科の授業見学もできますよ

 

オープンキャンパスの情報は>>こちら<<

臨床検査技師科の学科情報は>>こちら<<

 

 
 

各学科についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

資料請求

オープンキャンパス

詳しく見る

〒530-0044 大阪市北区東天満2-1-30
tel.06-6354-2501 fax.06-6358-7945

CONTACT

0120-78-2501

0120-78-2501

大阪医療技術学園専門学校

大阪医療技術学園専門学校© All rights reserved.